カテゴリー別アーカイブ: 酒の力がないと何も言えない・・・。私が今現在の旦那と結婚に至った経緯。

酒の力がないと何も言えない・・・。私が今現在の旦那と結婚に至った経緯。

今の私の旦那と出会ったきっかけは、私の勤めていた仕事場に配送業者としてきてた人を通じて知り合いました。

その配送業者の人は、とてもユニークな人で、見るからに面白い人なんだろうなと親近感が湧き、ある時伝票の裏に電話番号を書かれたものを渡されて、そこから友人関係となりました。その人は一度結婚したものの、失敗して離婚に至り、子供を養っているという状況で、よく電話で相談にのったり、愚痴を聞いたりしていました。

特にお互い恋愛関係としての感情をもっていなく、楽しい異性の友人といった感じでした。

そんなある日、彼がお酒で酔っぱらっていて、「私の自宅の近くで飲んでたからこないか」と言われて、行くことになりました。
そこの飲んでる席にいたのが、今現在の旦那です。

友人と二人で飲んでいたらしく、誰か呼ぼうという話の流れから、私を呼んだそうで。そこから3人で飲んでいたのですが、旦那となる彼はとてもひょうきん者で、まるで芸人のようでした。とても楽しい時間を過ごせて、その日は解散。次の日、友人から連絡があり、私の番号を知りたいと旦那が言ってると言われ、連絡をとるようになりました。

次の日、さっそくお誘いを受けて、飲みに行ったのですが、てっきり友人もいるものだと思っていたら二人きりでした。

旦那は最終的にかなりフラフラになるまで酔ってしまい、酔いがさめるまで付き添っていたところ、告白されました。泥酔状態だったので、本心か確認がとれなかったので、後日返事をし、付き合いました。
その後、デートを2回して、付き合い始めてから3週間たった日、家に招かれたので行きました。

するとそこにたまたま居合わせた彼のおばあさんとお母さんに挨拶したところ、急に言われたんです。「この人と結婚してやってくれないか」と。

急な話で、しかも付き合って間もなかったこともあって、かなりビックリしました。その時は笑って誤魔化しましたが、次行った時もまた同じことを言われ、さすがに悩んでいた時、「もし了承してくれるなら、式場予約しておくから」と彼の両親に言われ、あまりのリアルさに、これはきちんと考えなければ・・と真剣に考えました。

そして、数日後やはり彼は酔ってる時でしたが、親からの影響もあってかプロポーズのようなダラダラ長い話をされました。私はその時、この人ってお酒の力が入らないと言えない人なんだなと、可愛く思えたことでその場で決断し、超スピード婚となりました。

出会ってわずか3か月後には入籍、その後挙式とトントン流れて行きましたが、あの時の勢いとタイミングでなければ、もしかしたら結婚してなかったかもしれません。
5年経ちますが、いまだに旦那はお酒の力に頼ってます。