カテゴリー別アーカイブ: 結婚してからも相手の事を考えて、相手の為に出来る事をする。

結婚してからも相手の事を考えて、相手の為に出来る事をする。

結婚は人生でも大きな博打の一つだと思っています。
付き合っている時にこの人だなと思って結婚しても結局別れている家庭も沢山あります。
私はまだ結婚して8年です。付き合い自体は1年も無かったのでどちらかと言うと付き合っている感覚で結婚になったと思っています。
旦那は私よりも9歳年上です。今まで散々遊んできたので、結婚から程遠い人だった様です。
私と付き合い始めた頃から結婚を意識していた様子です。
旦那の友人から旦那の話しを聞くと、結婚出来なさそうな人だったんだなと感じます。
しかし、結婚してみて旦那は大穴だったと思っています。本当に結婚してみないと分からない事は沢山あります。
日々の生活の事や何も用事の無い時間の過ごし方、生活習慣やお金の事、子どもが出来れば子どもの事、そして一番大きいのは結婚した後の私への態度です。
結婚は二人で作り上げていくものです。
自分だけ良かったり、自分を変えないままと言うのは通用しません。それが通用しているなら相手が我慢していると言う事です。
主人は何よりも私の事を考えてくれています。
私がしたい事を応援してくれて、したいようにさせてくれています。その為にも主人の時間で出来る事は協力してやってくれています。
夕飯に関しては私は一切作った事がありません。それは主人の仕事になっています。
と言うのも主人は日曜日以外夜は家に居ません。その時間の子どもの面倒の一切を私が見ているのです。
正社員で働きながら、シングルマザーの様な生活をしているのです。その様に私は私で頑張っているのを理解してくれているので、夕飯は彼が作ってくれています。
お互いに出来る事は出来る方がすると言うスタンスです。
もし、これで旦那さんが何もしてくれず、家事育児を女の仕事だと思っている人だったら爆発していたかもしれません。
当然のようにやってもらい感謝の気持ちも出せない様な人とは継続は不可能です。
旦那さんが夜一生懸命働いてくれているから、きちんと生活も送れているので、私はその間子どもの面倒を見たり、洗濯や掃除を行っています。
お互いがお互いの事を思って接する事が結婚生活を継続していく事で一番大事な事だと思います。
主人にはそれがあります。それがひしひしと伝わってきます。
私の事を考えながら、お互いに妥協できる地点を探してくれているので、それが出来る人なので正直意外でした。
そんな事が出来る人かどうかのジャッジは結婚前にはありませんでした。
結婚して少しずつでも合わせて変わってくれる事の大切さを理解しました。
それが出来ている主人は大穴です。