カテゴリー別アーカイブ: 同棲は賛成!人は見た目によらない事もある

同棲は賛成!人は見た目によらない事もある

20代前半の頃に付き合った美容師の彼。出会いは合コンでした。最初は特に可もなく不可もなくだったし彼は他の子狙い。でも相談を受けているうちにくっついてしまったというアルアルケースに。仕事上、人当たりもとてもよく優しい人。年上だったしわがままも許してくれる。付き合いが続くようなら結婚してもいいかなと思っていました。

彼から一緒に住もうと言われ、一人暮らしをしていた部屋を引き払い、同棲生活がスタート。今思えば勢いだけで安易な選択だったと思います。若気の至り…なんとぴったりな言葉か。最初のうちは楽しくてご飯を作ったり洗濯、掃除もなんの苦にもならなかったのですが自分も仕事をしています。

ただ彼が帰ってくるのが少し遅いということだけで自分の負担がとても大きい、しかも片付いてない、ご飯が出来ていない事に彼が文句を言い出した時にフツフツと湧き上がる疑問…。なんで私だけが全部やらなきゃいけないの?という思いが日に日に大きくなっていきました。

しかも休みも全然合わず、彼が休みの時は他の家事をしているわけでもない。自分がいいように使われている気さえしてきて喧嘩するようになりました。

最初は喧嘩もすぐ収まっていましたがある日のこと、仕事がいつもより遅く終わりクタクタの体でご飯を作らなきゃとしていたところに彼が帰ってきました。当然、家の中は片付いているはずもなく、ご飯は今から。彼は「最近、全然出来てないよね。部屋も片付いてないしさ」と言いだし、もう我慢の限界。「私だって仕事してるし全部はムリ。

これでも頑張ってやってる‼︎」と悔しくて人生初の彼氏に怒りの平手打ち‼︎

するとそれが何百倍にもなって返ってきたのです!殴る蹴る髪の毛は引っ張られ引きづり回され、こんな事って実際あるんだな、いつ終わるのかな…という思い。痛いというのを通り越して見抜けなかった自分にバカだなという思い。絶対別れると決めて時間が過ぎるのを待ちました。

当然体はあざだらけ、耳は少し切れ、顔までもあざが出来ました。次の日仕事に行ったけれどどうやってやり過ごしたのか覚えていません。

彼は当然謝ってきました。別れてという私にもうしないから別れないでくれと。

うまくいくわけないのにそこまで言うならと許した、というか次に何か起こった時の為に彼にダメージを受けさせてやるという復讐だったと思います。うまくいっているように見せかけて元カレとよく会うようになりました。浮気という感覚ではありません。ただ会ってご飯を食べて愚痴ったりして。

もう手をあげないと言った彼が本当に手をあげないのかギリギリのところで証明してみせろという思い。元カレと会っているのをバレるように仕向け、当然責められました。

胸ぐらをつかまれ「お前、いい加減にしろよ」という彼の顔を見て家を出ようと思いました。手をあげるのも時間の問題だと。別れるなら鍵を置いて今すぐ出て行けと言われバッグに大事なものだけ入れて夜に家を出ました。大家に電話して鍵を借りて綺麗さっぱり自分の荷物を出しました。ガランとなった部屋を彼はどう思ったか。

大家に家賃が2ヶ月分入ってないとも言われました。家賃は彼の負担だったのに…。

すごく優しい彼もいい加減で非情でとんだDV男。住んでみないと分からなかったと思います。

だから結婚前の同棲生活に私は賛成です。他人と暮らすって大変ですから。

人は見た目によらないことだってあるんです。