カテゴリー別アーカイブ: 初恋の結末から学んだこと

初恋の結末から学んだこと

今から20年以上前の初恋の思い出です。女の子は男の子に比べてませているから初恋が早いなんて話をよく聞きますが私の初恋は人より少し遅く中学生の時でした。

当時の私は恋愛に興味がなく部活一筋でした。そんな私に変化が起きたのは中学生2年生になった時です。大人気だったサッカーの三浦知良選手にそっくりな先生が赴任してきて私が所属していたテニス部の顧問になったのです。テニスが上手なだけでなく面白かったので沢山の生徒が先生に憧れていましたが私もその内の1人でした。

部活の時間以外でも暇さえあれば先生のところに遊びにいってたので私が先生を慕っているのは誰が見てもわかるくらいでした。先生もそんな私をかわいいと思ってくれたのか他の生徒とはほんの少し違う扱いをしてくれてました。

試合の時には会場まで先生の運転する車で行ってたのですが、どんなに遠回りになっても最後に家に送るのは私だったり、泊まりの試合の時には必ずマッサージ係りに任命してきたりと何かにつけて私を指名する事が多かったのです。

一見問題になりそうですが、私は他の生徒に比べると背も低くまだまだ子どもの身体つきで髪もショートカットで男の子のようだったので、変な問題になる事もなく先生のお気に入りという認識でした。

中学を卒業する時は先生に会えなくなるのが本当に悲しかったものです。

その後、高校3年生になった時に久しぶりに中学校を訪問し先生と再会しました。高校生になって何人かとお付き合いをしましたが、先生への淡い恋心はそのままだったので先生との再会が嬉しくて思いきって私からデートに誘いました。

冗談としてかわされるかと思いましたが、真剣に受け止めてくれてデートする事になりました。

デート当日は気合をいれておしゃれをして待ち合わせ場所に向かいました。待っていた先生を見つけた瞬間に淡い恋心にひびが入ってしまったのです。

先生としてじゃない姿を見るのは初めてだったのですが、私服姿の先生は高校生の私にはおじさんに映ってしまったのです。なんか違うと思いながらも先生からしても私の事は懐かしい生徒の子守りだろうと思い直し、そのまま映画を見に行きました。

ご飯を食べた後に先生は夜景がきれいな場所に連れていってくれました。先生はちゃんと女性として扱ってデートしてくれてたのです。

デートの締め括りにキスをされました。ファーストキスではなかったし憧れていた先生だったので嫌という感情はありませんでしたが、大切な思い出が壊れてしまった気持ちになり悲しくなりました。

それ以来先生とは会いませんでした。
思い出はそのままにしておいた方がいい時もあるのだと知りました。