カテゴリー別アーカイブ: 今でも会いたい!私の今でも忘れられない初恋の思い出。

今でも会いたい!私の今でも忘れられない初恋の思い出。

私が初恋を経験したのは、中学2年生の時でした。

私は中学校に入ってから、女子の間でのいじめにあっていました。入学当初は特に問題なく仲良くやっていたのですが、ある日私が急にターゲットになっていて、無視が始まりました。

半年ほど経って、2年生に進級の時、クラスが変わりました。私はとても不安でした。なぜなら学年一のヤンキーの男の子が、私の斜め後ろだったからです。

これからまた違ういじめが待っているのかと思うと怖かったです。唯一小学校からの幼馴染の友人だけは、私を見捨てないでくれていて、同じクラスにも慣れたので、その点は安心していました。
ある時斜め後ろから、授業中に消しゴムのかけらを私に向けて投げられました。そうですそのヤンキーです。

「え・・?」と思いながら、もしかしてまたターゲットにされたのかと、振り返ることが出来ませんでした。しかし、また懲りずに投げてくる彼。それでも私は耐えていました。
 
そんなある日、廊下で私が一人でいるときに、男子の集団に聞こえる声の大きさでコソコソと陰口を言われていました。嫌だな・・と感じていましたが、だからと言ってそこからいなくなるのも不自然な状況だったので耐えていました。するとその時です。「こいつがなんかしたの!?」とあのヤンキーが集団に向かっていったのです。

きっと集団について、またなんか言われるんだろうと思っていましたが、彼は私の肩を組み、「俺の友達だから、二度とそんな話すんな」と怒鳴ってくれたのです。

私はものすごくビックリしたのと同時に、救われたことで嬉しく、涙が出てきました。

彼は何も言わずにそのあと教室へと戻りましたが、戻るときに「よく耐えてたな」とボソっと言ってくれました。

私は彼のことを勘違いしていたと感じ、自分が嫌になりました。

数日経ってから、また後ろから消しゴムを投げられました。見ると彼でした。授業中だったので、彼は紙を見せてきて「元気出たか」と書いてありました。私は返事として、「あの時は本当にありがとう」と書き見せました。そこから、私と彼は一気に距離が縮まって行きました。
 
給食の時、彼の好きなおかずや飲み物をあげたり、彼の好きそうな髪型にしてみたり、気づけば私は彼を好きになっていたのです。そして学校に行くことが楽しくて仕方ありませんでした。

放課後も一緒に教室で雑談することも増えて、とっても仲良くなりました。しかし、その時私の幼馴染に言われました。彼のことが好きだと。

いじめられてる時も私を見捨てないでくれた友人、私にとっては心から大切な友人です。私の気持ちは隠すことに決めました。

ある日、彼が当時私が好きだった芸能人の切り抜きをわざわざ持ってきてくれたことがありました。みんないる前だったので、冷やかされてしまい、友人に勘違いされてしまうと思った私は、「・・いらない」と言ってしまったのです。

これが原因となって、その後彼とはずっと口もきかないまま、今に至ります。

あの時素直に受け取ってれば、あの時友人に正直に打ち明けていれば、あの時彼に気持ちを伝えてればとずっと後悔したまま15年経ちました。

今でも忘れることの出来ない人です。

成人式で会えるかな、同窓会で会えるかなと期待して行っても、彼は一度も来たことがなく、彼がどこでどう過ごしてるかも知りません。

今でも、会いたいです。